この夏、もうエアコン(クーラー)なんていらない。効果的な扇風機の使い方について

senpuuki

自分の部屋にエアコンがないせいすこうです。ごきげんよう。
あっという間に夏になり、寝苦しい夜が続いている人も多いのではないでしょうか?

僕の場合は部屋にエアコンがないので、気にしないのですが、冷房を付けっぱなしにして体調不良になったって声も最近良く耳にします。

そこで今回は、クーラーのない生活から学んだ、扇風機の正しい使いこなし方をご紹介したいと思います。

冷房による体調不良

さて、夏に体調不良だなぁ…と感じた人のうち半数以上が冷房による外気温との差が原因なんだそうです。

流石に寝るときはエアコンを消さなきゃ体調が悪くなるなんて事は誰でも想定できる事ではあるのですが、年々暑くなる日本においてエアコンなしで寝るのは辛いですし、夜中に目覚めてしまう人も多いことでしょう。
エアコンってめちゃくちゃ便利なんですが、電気代も結構高くつきますし、長時間使うと体調不良の原因にも繋がります。

クーラー病になる

さて、このエアコン(冷房)による体調不良の原因はよく「クーラー病」なんて呼ばれていたりします。
このクーラー病は別名「冷房病」とも言いますが、どっちも正式な病名って訳ではなく、冷房が原因で起きる自律神経のバランスが乱れた状態のことを指します。

実際の症状は、冷え性と同じで体や手足の冷え、体のだるさ、頭痛、食欲不振、疲労、腰痛、不眠、肩こり等が挙げられます。
自律神経は、体の免疫であったり、ホルモンの働きともとても深い関わりがあるので、女性の場合は生理不順や生理痛の症状が出る場合もあるようです。

さらに、このクーラー病ですが、症状が悪化してしまうと夏に暖房が必要になる程、体の調子がおかしくなるんだとか…。
クーラー病が原因で、会社を長期休暇することになったり、最悪の場合、退職に至ったケースもあるほど深刻なようです。

ちなみに、このクーラー病には段階があるので、異変に気付いたら冷房を控え、適度な運動を取り入れたり、規則正しい生活を送るなどして、自律神経を整える必要があります。

▼クーラー病の段階別症状

  • 第1段階
    手先や足先に冷えを感じます。
    血液は生命維持に重要な内蔵や脳に流れていくため、手足の末端部分には血流が減って冷えを感じてしまいます。
  • 第2段階
    末端部分だけでなく、腹部と下半身にも冷えを感じます。
    腹部が冷えるため胃腸障害、婦人科疾患、泌尿器疾患などの症状が出て食欲不振になります。
  • 第3段階
    体全体に冷えを感じるようになります。
    夏の気温が高い日でもジャケットを羽織るなど、体温の調整が難しくなり、体のだるさや疲労を感じて頭痛や腰痛、肩こりに悩まされます。

扇風機の使い方

さて、扇風機なんてプロペラを回して風を起こすだけじゃん。なんて思っている方も多いとは思いますが、扇風機だけでも室内の気温を下げる事は十分に可能なんです。

夏の暑い夜は、熱気が部屋にこもりやすいです。まずは、扇風機を複数台使い、部屋の空気をうまく循環させて窓から熱気を逃がすようにしましょう。
これだけでも室内は涼しく保てるようになり、寝苦しさが緩和されます。

自分に扇風機を向けて涼しさを感じているだけでは、部屋にこもっている暖かい空気を、かきまわしてるだけなので、ただただ暑いのです。
もし、扇風機が2機あるのであれば、1つを風が入って来る方の窓から家の中へ向けてつけ、もう1つを異なる方向の窓から部屋の外に向けるようにつけましょう。
部屋の中の高い温度の空気を外へ送り、外の低い温度の空気を中へ入れるようにするのです。

また、涼しさを感じるために、寝るときに枕元に扇風機を置く人がいますが、実は、扇風機は枕元じゃなく、足元に置いたほうが効率的に体を涼しくできるのだとか。
発熱量の大きい足を冷やすことによって、体温を効率良く下げられるという事です。
ちなみに、体が冷えすぎてしまうという人の場合は、扇風機の首振りや、リズム風機能等を利用したり、扇風機との距離を調節すると良いでしょう。

▼扇風機の使い方まとめ

  • 扇風機で部屋に熱気がこもらないように空気を循環させる
  • 自分に向ける扇風機は足元に置く
  • 冷えすぎる場合は、首振りやリズム風機能を利用したり、距離を調節する

ちなみに、こんな方法も…

扇風機で効果的に部屋の温度を下げる方法として、「保冷剤や凍らせたペットボトルを扇風機の前に置く」という裏ワザを紹介している事が良くあります。

これ、実際に僕もやってみました!
が…残念ながら部屋の温度が変わったという印象は特にありませんでした。

とはいえ、全く効果がないという訳ではありません。
自分の目の前に保冷剤や凍らせたペットボトルを起き、扇風機の風を当てるとほんのりと涼しくなります。

実際に身体に保冷剤や凍らせたペットボトルを当てた方が効果的だと思います笑

扇風機の電気代はエアコンの10分の1以下!節約にもなる!

扇風機のメリットは何と言っても電気代が安い!

というか、エアコンは高い!!!

エアコンと扇風機を比較すると、扇風機の安さに驚きます。
実は、6畳用のエアコンと扇風機の電気代を比べた場合、エアコンは扇風機の約10倍以上の電気代がかかってくるのです。

▼エアコンと扇風機の電気代比較

  • エアコン(400W)…103.64円
  • 扇風機(35W)9.07円

※10時間使用した場合

これを見て一目瞭然だと思います。扇風機ってめちゃくちゃ電気代が安いんです!
扇風機本体も数千円なので2、3台あっても良いでしょうし、全部稼働させても、電気代はエアコンの3分の1以下という計算になります。

コスパも良く、快適に過ごす事もできる扇風機。
さぁ、みなさんも扇風機で夏を乗り切ろうじゃないですか!!!