夏フェスに参戦しないメリット!行けないんじゃない、行かないんだ!

E5A48FE38395E382A7E382B9

開放的な季節に大好きな音楽や美味しい屋台、その他もろもろ、炎天下の下お酒も飲んで騒いではしゃいで。

夏フェス・音楽フェス好きにとっては最高の時期がやって参りました。

ですが、中には好きなアーティストはいるけど、騒いだりするのはちょっと…って人や、暑いし汗かくし、夏じゃなくても良くね?って人、仕事が忙しくて休みが取れないか、フェスに行けないって人まで。

理由は様々ですが夏フェスに参戦しない人も多いです。

そんな人達から見ると、参加してる人達はリア充なイメージに見えるし、羨ましい、馬鹿馬鹿しいって感情を抱いたりする事でしょう。

まぁどんな思いを抱いていたとしても、関係ないです。
参加しないで良かった!

そう、夏フェスに参加しないメリットは沢山あるのです!

行けないんじゃない、行かないんですよ我々は!

そこで、今回は夏フェスに参戦しないメリットについてまとめてみました。

[adsense]

移動に時間がかかる

夏フェスとかってやっぱり野外でおこなわれるので都心近郊であることが少ないですよね。

何もないだだっ広い公園とか、山の中にあるキャンプ場とか?

そこまで行くのには時間がかかります。

車を所有していない人とかだと、当然ながら移動手段は電車やバスなんかの交通手段。

時間も決まってるし、自由もきかない、人も多いですよね…。

フェス自体が数時間あるのに、それと同じくらい移動時間がかかります。
中には泊まりの場合も。

このフェス以外の時間でもかなりの時間を消耗してしまいます。

この時間で何ができるのか、考えたことがありますか?

お金がかかる

フェスに参戦するにはもちろんお金がかかります。

チケット代は5000円〜20000円くらいでしょうか?

決して安くはありませんが、好きなアーティストや音楽を聴くためなので、惜しくなんてないでしょう。

しかし、チケット以外にもお金がかかります。

まずは移動。

車だとガソリンなど燃料代に高速道路料金、電車やバスだとその運賃がかかります。

さらにフェスに行くとグッズ販売やフードコートなんかもあるので、もちろんお金を使ってしまいます。

会社を休んだりしているとその分の給料は?
有給を使ってしまってもいいの?

身体を壊すリスクがある

夏フェスといえば、野外の炎天下で行われます。

となれば、熱中症になる可能性もありますし、お酒を飲む方であれば、他にも危険性は沢山あります。

フェスで体調を崩した…なんて、会社には言えないですよね。笑

日焼けする

日差しが強い野外に一日中いると、当然皮膚がやられてしまいます。

長袖、長ズボンだと暑すぎるでしょうし、日焼け止めクリームを塗った所で、効果は万全ではありませんよね。

日焼けしたい人は良いでしょうけど、日焼けはシミになったりしちゃうので、気にしちゃうような女の子とかは、行かないほうがマシですよ。

涼しいお家で、後に放送される映像やDVDで楽しみましょうよ。

とはいえ、僕も夏フェス大好きです。

でも、仕事休めないし、身体も壊してしまっているので、行けません。

だから、行けないのではなく、行かないと強がり、その理由について考えてみました…笑

この記事を見た人で、フェスに行くのを思いとどまった人がいれば、それで良いし、何それ?と否定的になる方がいてもおかしくはないでしょう。

そんな事、僕にはどっちでも良いです。笑