痔ろうの日帰り手術(肛門括約筋温存術)を受けてきました。ついでに内痔核も2つ切除!体験談・感想

sibou01-1024x682

最初の手術(肛門周囲膿瘍の切開排膿)から2ヶ月が経過し、遂に痔ろうの根治手術を受けてきました。

痔瘻の日帰り手術

午前8時30分:病院へ

前日は良く寝て来てくださいと言われていましたが、恐怖と緊張からうまく寝付けず、結局5時間程しか眠る事ができませんでした…。

そして朝の8時半に病院へ行き、受付。

誓約書?みたいのにサインし、保険証、診察券を渡し、緊急連絡先を伝え、待合室で待つこと10分。

遂に呼ばれました。

手術着に着替え、まずは血圧を測ります。具体的な数値は覚えていません。笑

そして、まずは浣腸です。

これがやっぱりどうしても慣れない…。

砂時計が置いてあって、3分待ってから座って用を足してくださいと言われているのですが、我慢しきれず、2分ちょい位で出してしまいました。

これに耐える人こそ強者ですよ。

その後、点滴が始まり、手術を待ちます。

午前9時30分頃:手術開始

遂に自分の番が回ってきました。手術台へ向かいます。

相変わらずのうつ伏せです。

オペの前に、両サイドにお尻を引っ張られ、ガムテープのような物で固定し、剃毛されます。

もうここまでくればなんの恥ずかしさの抵抗もありません。

そしてその後、先生がやってきます。麻酔です。

前回と同様、仙骨麻酔です。
これもまた独特な感じで、身体の髄の中に入ってきてグググッと変な感じに襲われます。

前回は、1回では効かずに、2回しましたが、今回はこの仙骨麻酔と普通の麻酔注射のような物を施されました。

そして開始から15分程度、終わりましたとのこと。

えっ!?早くない??

前回よりもだいぶ早い手術時間です。あまりの早さに本当に大丈夫なのか少し不安になりましたよ…。

そしてその後、ベッドで2時間くらい休憩し、麻酔が切れてきたら、お小水を出して終わりです。

とはいえ、麻酔が切れてきたらもちろん痛みが出てきます。

最後にもう一度麻酔をしてもらい、終了です。

病院では、2日分の薬と1日分の食べ物が処方されました。

1日分の食べ物って言っても検査食なんですが…

その日の夜の食事にあのお菓子のビスコ5枚。
次の日の朝におかゆと大根とじゃがいもの鶏そぼろあんかけ。
次の日の昼にクリームシチューという物でした。

午後2時頃:帰宅

さて、お昼すぎには家に帰ってきたのですが、まぁ痛い。

とにかく痛い。どうしようもなく痛い。

夕方につれてさらに痛みは増し、もがき苦しみました。

この世の終わりなんじゃないかと思いましたよ…。

寝ようと頑張ったのですが、結局1時間も経たないうちに目覚めるという感じが繰り返されました。

飲む時間が決まっている薬に加え、痛みが酷い時に飲む薬というものも処方されたのですが、それも2回使いましたよ…。

結局朝方になると痛みも取れてきたので、ゆっくり休む事ができました。

術後次の日〜今

さて、今は手術が終わってからおよそ28時間くらいでしょうか?

朝からピリピリとした痛みはあるものの、耐えれる程の痛みとなりました。

しかし、まだ最大の山場であるトイレを経験していません。

今晩か、翌朝にはやってくることが想定されます。

恐怖でしかありません。

絶対に通らなければいけない道なので、それまでに気合を入れて臨みたいと思います。

術後の経過についてはまた追って記事にしていきたいと思います。