代表取締役・社長・会長・CEO等の定義や違いって何?

president001

「代表取締役」「社長」「会長」「CEO」といった言葉は社会人であれば頻繁に耳にすることでしょう。
しかし、これらの呼称の違いについては答えられる人が少ない印象です。

私自身も、これらの違いについては理解していなかったので、周りの人たちに聞いたりしましたが、「代表取締役=社長」「CEO=社長」等々ふわっとした回答ばかりで、きちんと理解している人はいませんでした。
そこで今回、「代表取締役」「社長」「会長」「CEO」について調べてみましたので、まとめてみました。

代表取締役とは?

さて、「代表取締役」「社長」「会長」「CEO」4つの肩書きの中で、会社法で定められているのは実は「代表取締役」だけなのです。
代表取締役は商業登記された人のみが名乗ることができるもので、会社を代表して契約をおこなったり、会社の業務を執行する事が役割となります。

また、定款により取締役の人数が定められ、その取締役の互選により、代表取締役が決定します。

定款(ていかん)って?

定款とは「会社などの社団法人の組織活動の根本規則」と定義づけられていて、簡単にいうと会社の最も重要な規則を定めたものの事をいいます。
定款は会社をつくる場合は必ず作成しなければいけません。
もちろん、ただ作るだけではなく、公証役場で公証人の証人を受けなければならないことになっています。

社長とは?

社長とは

さて、会社法で定められている代表取締役ですが、「じゃあ社長はそれより下なの?」と思う人もいることでしょう。
社長は職責上の地位で社内での規定で自由に定められるものになります。

会社によって異なりますが、一般的には内外的に会社の代表であるということを表わす意味合いが強いようです。
一般的には代表取締役と社長は兼ねている場合が多いので、代表取締役社長という肩書きもよく目にしますよね。
それ以外でも、代表取締役会長といった、社長以外の代表取締役や、取締役社長といった、代表権のない社長も稀にあるようです。

でも、社長に代表する権限があると信じて取引した場合、実は肩書きだけだったとわかった場合にトラブルにもなりかねません。
そのような社長の権限に対する法的根拠を確保するために、会社法には表見代表取締役や表見代表執行役の規定があります。

CEOとは?

CEOとは

さて、アメリカの企業に関するニュース等で見かける事が多いCEOですが、近年は日本の企業でも公的にCEOと名乗る人や名刺にCEOと印刷している方も見かけますよね。
CEOとは「最高経営責任者(Chief Exective Officer)の略で、米国型企業において、経営実務に責任と権限を有するトップマネジメント担当者のことを指します。

とはいえ、会社法で定められているのは代表取締役と説明したとおり、法的に根拠のある呼び名ではなく、「好みでそう名乗っているだけ」というのが本当の所です。
もちろん、海外に対してビジネスを行っているグローバル企業や外資系企業だと、トップの人間がCEOという認識が大きいですから、わかりやすくそう名乗っているという事もありますが…。

アメリカでは、日本と違ってオーナー(株主)と経営陣がはっきり分かれています。
CEOをトップとする執行役員が、株主の代理人からなる「取締役会」から信任されて経営権を任されて業務を行なっているというわけです。

その他にも、日本とは異なる役職がたくさんあります。

  • COO – 最高執行責任者(Chief Operating Officer)
  • CTO – 最高技術責任者(Chief Technical Officer/Chief Technology Officer)
  • COO – 最高執行責任者(Chief Operating Officer)
  • CFO – 最高財務責任者(Chief Financial Officer)
  • CIO – 最高情報責任者(Chief Information Officer)
  • CMO – 最高顧客市場分析調査責任者(Chief Marketing Officer)
  • CPO – 個人情報保護最高責任者(Chief Privacy Officer)
  • CKO – 最高知識責任者(Chief Knowledge Officer)

会長とは?

会長とは

さて、ここまできたらなんとなく察しがつく人も多いことでしょう。
社長やCEOと同じで、会長は単なる呼称で、会社によって意味合いは異なってきます。
一般的には社長を退いた人が、新しい社長のアドバイザー役的な立ち位置で務める場合が多いですが、代表権(代表取締役会長)を持つ場合もあります。

社長より会長のほうが偉いの?

職制で見ると、社長は会社のトップですから、最も偉い人といえるでしょう。
しかし、会長が社長の上にランクされるいわば名誉職ともなれば、組織上では社長よりも上の存在になってきます。

とはいえ、会社法としての法規上は、会長が代表権を持っている場合と持っていない場合があり、ただの会長と代表取締役会長ではかなり権力が違ってきます。
ましてや、会長が創業者であったり、現社長の父親であったりする場合、その人が代表取締役会長でなくても社長より大きな権限をもっているというのもよくある話です。
会長が社長を辞めさせて別な人物を社長にしたり、自分が社長に戻ったりすることは日本でも稀ではありません。

会長は社長より権限が上なのかというと、必ずしもそうではないということですね。