僕が会社員という働き方を選ぶ理由。

Morning commuters make their way to work in Tokyo, Japan, on Tuesday, May 29, 2012. Japan's jobless rate unexpectedly rose and retail sales fell for a second month, underscoring concern that an economic recovery will lose momentum in the face of gains in the yen and Europe's debt crisis. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images

僕が勤めていた会社は、少数精鋭でやってる小さな会社。

だから、1つのWEBサービスを作る時は、企画から施策、そしてデザイン、システム、ライディングなど全部行う事がほとんどでした。

もちろん、協力し合ってチームで作る企画もあるのですが、基本的には1人で何から何までやらなくちゃいけません。

こんな事情を知ってる友人たちからは、「会社なんて辞めて1人でやったほうがいいんじゃないの?」とか言われたりします。

確かに、最近は「フリーランス」「プロブロガー」「ノマド」なんて言葉も流行っている(?)ってこともありますし、現代社会において自由を求めるというのは万人の欲とでも言ったほうがいいのでしょうか…。

ですが、そんな中僕は会社員として働くという選択をしています。

なぜわざわざ会社員なのか?

理由その1.安定して稼げる気がしない

まず1つ目の理由として安定して稼げる保証がどこにもないという点ですね。

まず客がいないと商売は成り立ちません。
僕みたいにWebサイトの制作を主にやっている人の場合、知名度があれば自然とお客さんは集まりますが、そうではない限り自分で何かしらの営業をかけるしかないのです。

また、自分でWebサービスを作って運営するという手段もありますが、それまでのお金などどうしようもありません。(僕の場合は貯蓄ゼロなもので…)

まぁ、この点についてはいかに会社員時代に構成させるかというのが大事ですよね。多分…。

理由その2.福利厚生とかあって安心

毎月決まったお給料に、社会保険、厚生年金などの負担とかもあるんで、安心しますよね。

僕の場合は完全なブラック企業だったので、福利厚生とかそんなもんありませんでしたけど…。

理由その3.社会的地位

会社員として勤めていないと、社会的な信用度も下がるので、家を借りれなくなったり、クレジットカードの審査にも通らない、なんてことも考えられます。

さらに、田舎者の僕の場合は、田舎にいる友人や親戚などのことも気になります。
田舎の人とかは考えが古い人も多くて、公務員が一番、大企業が一番、って風に考える人が多いんですよね。なんか変に気を使います…。

でも、本当の所は…

と、まぁここまでは会社員の良い所を述べてきたわけなんですけども、実際の所、会社という組織から離れたいのが本音です。

基本的に誰かの下で働くというのが嫌いなので、できることならば社長になりたいとかって夢を抱いています。

でも、最近は新しい夢を持ち始めています。
それはこの「てげろぐ」で食っていくという夢です。

あまり目的もなく続けてきたこのブログですが、本腰をいれていこうかなとか思ったりしてます。

とはいえ、今は就活中で書く時間があるので更新ができている状況ですが、就職したら中々時間を確保するのも難しくなってくると思いますので、コツコツと長い時間をかけて成長していけたらなと考えています。

今後とも、てげろぐをよろしくお願いします。