暖房器具のない部屋で3年目の冬を迎えました。寒さを凌ぐ方法をお教えします。

寒い

どうも、@seisukouです。
今のマンションに暮らすようになってから3年目の冬を迎えました。
都内から少しだけ離れた所にあるので、安くて広い良い物件なのですが、一つだけ欠点があります。

それは暖房器具が完備されていないという事です!

いや、今の時代ではちょっと考えられないかもしれませんが、そうゆうことです。笑
夏は扇風機でなんとか乗り切るのですが、冬は流石にちょっと泣きたくなります…。

でも、なんだかんだいって、過去2年間を通して寒さを凌ぐ知恵が身につきました。
今回はそんな知恵をちょっとだけお教えしたいと思います。

基本的に布団の中にいる

家にいる時は、ほぼほぼ布団の中にいます。
とはいっても、寝ている訳ではありません。厳密に言うと、ベッドの上で毛布に包まっているような状態です。

僕は普段MacBook Proを使用しているので、ベッドの上でも作業できるんで、もしデスクトップPCだったらデスクに毛布を持って行っていたでしょう。

いやぁ、ノートPCは良いですね!

とりあえず風呂に入る

布団に包まっていても寒い。耐えれない。と思ったらお風呂に入ります。
でも、僕は結構せっかちな性格なので湯船にお湯を溜めるのを待てません。

だからほとんどがシャワーで済ませるのですが、何より身体を温めたいので、熱すぎるほどの温度を設定してシャワーを浴びています。

やり始めた頃は熱くてシャワーを浴びれたもんじゃなかったですけど、今では「アツっ、アツっ!」とか言いながら喜んで浴びています。

むしろ、その感じでなければ物足りないと思うようになりました。

布団にドライヤーを充てる

これ、最強です。
もうね、半端ない技ですよ。ここまでお手軽にできる超絶テクニック他にありませんよ。

やり方は簡単。
「敷布団と掛け布団の間にドライヤーの風を送り込む。」
これだけです。

※暖かい風を布団の中に閉じ込める感覚で風を送り込んでください。

するとどうでしょう。
布団乾燥機を使用したような、いや、天日干ししたようなフカフカな布団の出来上がりです。
しかも、暖めてた事でホッカホカ。

これでぐっすり寝れないわけがない!

これは是非みなさんにも試していただきたいですね。

滞在時間を短くする

はい。これはもう荒技ですね。
そもそも、家に滞在する時間をなくしてしまえば良いじゃんってことです。

会社でもよし、友達の家でもよし、漫画喫茶や飲食店、コンビニでもOKです。
だって、周りの施設や家では暖房設備が整っているのは当たり前ですもん。

寒さを感じさせない場所であればどこでもよいです。
家に帰るのと、外にいるのは同じ事だと思っときましょう。

さいごに…

って事で、最終的には家にいなけりゃ良いって話なんですが、そうはいきません。他人にも迷惑をかけてしまうかも知れませんからね。

だからみなさん、暖房器具買ってください。

エアコンは高いので、難しいという方も多いとは思いますが、ストーブやファンヒーター、ハロゲンヒーターなど安価な製品もたくさんあります。

どうか、無理せず、素直に暖房器具を買って冬を迎えてください。

※賃貸だと火を使う暖房器具がNGの場合があるので、ご確認くださいね!

では、また。