「10年使えるSEOの基本」を読んで感じたこと。

IMG_0429

ナイル株式会社(旧社名:ヴォラーレ株式会社)の取締役 兼 Webコンサルティング事業部の事業部長 土居健太郎さんの著書「10年使えるSEOの基本」を今更ながら購入して読んでみました。

土居健太郎さんは天照SEOという名前でブログとかTwitterもやってるんで、web業界にいる人は知ってる人も多いんではないでしょうか?

ブログ:天照SEOブログ
ツイッター:@amateras_seo

この「10年使えるSEOの基本」という本ですが、手にとった時にまず思ったのは、、、薄い!
そしてなにより、中身が読みやすい!

イラストが書かれており、会話形式になっているので、本を読むのが苦手だという人にはピッタリなんですよね。
特に、web系の参考書って辞書みたいなのがほとんどなので、読む気になりませんからね…。

では、具体的にどんな中身になっているのか?
ちょっと書評を書かせていただきたいと思います。

感想

まず、この本は本のタイトルにあるとおり、「SEO」について書かれているのですが、どんな人にマッチしているのかというと、やはり初心者向け(これからSEOについて勉強したい人やなんとなく分かっているつもりでいる人向け?)に作られているのかなという印象です。

中身はこんな感じ…

第1章 検索エンジンは,なんのために,どんなことをしてるのか
第2章 検索する人の気持ちと行動を考えてみよう
第3章 検索キーワードを見つけよう
第4章 検索キーワードをサイトに反映させよう
第5章 コンテンツを作ろう
第6章 リンクを集めよう
第7章 SEOを「売り手目線の販促活動」と考えてはいけない
おわりに 検索エンジンの進化とこれからのSEO

目次を見る限りでは一見、初心者向けな感じですが、実際読んで見ると、色んな事を感じましたし、すごく考えたりしました。

SEOを仕事にしている人だと、「そのくらい当たり前だろ?分かってるよ!」と思うような内容かもしれないですが、僕の場合はなんか初心に戻れるというか。SEOを最初に知った時のワクワク感が取り戻せたような気がします。

実際、いろんなサイトでSEOについて語っていますが、テクニック的な事がほとんどで本質的な部分は説明していない事が多いんですよね。

なんかもう分かっているって前提でちょっとした技術的な事を紹介している感じ。

確かに、それはそれで物凄く参考になって有り難いんですけど、基本的な考え方としては、本にもあるとおり、検索エンジンに最適化したコンテンツを作る事ではなく、検索するユーザーに対して有益なコンテンツを提供するという事が第一だと僕も思います。

(てげろぐの場合は誰のためなのか良く分かんなくなってるけど…)

まさに、その通りなんですが、実際はできていないんですよね。ここが。

ズバリ言うと、中級者〜上級者であっても、何かしら感じる事があるんじゃないかなぁと。思いました。

あと、SEOを新人さんなど、人に教育するときの教材としては申し分ないくらいわかりやすくまとまっていると思います。

また、SEOをやっている人だけでなく、制作や運営にも役立つと思いますので、興味がある方は是非。

多分、読み終わるのに1時間もかからないと思います。笑