「ドラえもん」のパパとママ(のび助と玉子)の馴れ初めが気になったから結婚秘話について調べてみた!

news_header_0224_ame_001

どうも、@seisukouです。

今回は人気アニメ「ドラえもん」ののび太のお父さんとお母さんの馴れ初めについてまとめてみました!

のび太のパパとママについて

さて、のび太の両親についてですが、パパの本名は「野比のび助」、ママの本名は「野比玉子(旧姓:片岡玉子)」といいます。

のび助が36歳で玉子が38歳。姉さん女房なんですね!
※アニメ版ではのび助が41歳という設定の話もあります。

ちなみに、ママはドラえもん初期の話では「のぶ子」という名前になっていたんだとか。

出会い〜結婚まで

さて、そんな2人の出会いは学生時代で、曲がり角でぶつかって…という良くありがちなベタな出逢いです。

曲がり角でぶつかった後、のび助が玉子が落とした定期券を拾って追いかけたことが、2人交際のきっかけです。

※当時、26歳の玉子

と、まぁ順調に交際していたわけなんですが…

この時代にのび太がタイムスリップ!
話がややこしくなってしまいます!!!

そこで、のび太とドラえもんは、タイムマシンでのび助と玉子が結婚を決めた12年前の11月3日へと向かいます!

2人に関係にのび太が関わってしまったことで、のび助と玉子は別れる寸前になってしまいます。

すると…

あぁ、、、よくSF映画で見る展開!!
のび太の存在が消えてしまう…。

と、ここで登場するのがドラえもんお得意のひみつ道具

「ヒトマネロボット」

その名のとおり、人の真似をするロボットで、
ママロボをパパに、パパロボをママに送り、プロポーズさせます!

もうめちゃくちゃですね。笑

結局、のび助と玉子は、それぞれ「相手」がプロポーズしたと思っています。
そのため、当然ながらお互いに相手がプロポーズしてきたのだと言って譲らないようです。

実際の所は上手くいっていたはずの2人。
ドラえもんの登場により、2人は引き裂かれかけ、ドラえもんの道具によりまた関係が戻ったんですね。

パパもママも、過去のことは気にしてないようですね!

ちなみに…

本日より、ドラえもんの映画が公開されました!
映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生』
公式サイト

ドラえもん好きなやつ、観に行こう!!!!