文章作成のコツは書けば分かってくるから、とりあえず書いてみよう!

writing

どうも、@seisukouです。

「文章ってどうすれば、上手く書くことができるんだろう…。」
ブログを始める時もそうですが、自分の書いた文章を読んでもらいたい時に文章力は大事です。

僕は元々、文章を書くことが嫌いでした。

それでもブログを続けているのは、自分の思っている事や感じた事など情報を発信したいという思いがあり、一番手軽に発信する方法がブログだからです。

ただ、その手段がブログだっただけで、文章を作成するのは得意ではありません。

文章を上手に書く方法は、書籍やネットでも多く飛び交っていますが、なんだかんだ言って一番上達する方法は「とにかく文章をかいてみる」ということだと思います。

確かに、僕は文章を書くとき、いくつかのコツを意識して書いていますが、どんな本を読んでも、どんな情報をネットで得ても、まずは書かないと何も始まりません。

文章を沢山書いているうちに、いつの間にか文章力はついてきます。
というか、ブログが目的の場合、それほどレベルの高い文章力は求められないと思うので、僕の場合はこれくらいで満足しちゃってます。

形に表して、人に見てもらおう!

書籍やネットで文章を書くことに関する情報を得たとしても、理解は絶対にできません。

とりあえずは、自分の手で書いてみましょう。書き方も自分の頭で考えるのです。

もちろん、正しい日本語がありますので、文法などは勉強する必要があります。

しかし、それ以外の文章のコツやテクニックは自分自身で見つけて、磨いていくものです。

書き方は理解してから書くのではありません。
書いているうちに、徐々に理解していくのです。

他人から聞いたコツやテクニックより、自分で書いた経験からのほうがよっぽど確かで優れた文章力を習得できるはずです。

まぁ、説明はさておき、とりあえず書けよ。