危険!手帳型スマホケースがクレジットカードやICカードを破壊する恐れアリとのこと。

52001

どうも、@seisukouです。
AndroidやiPhoneなどのスマホケースの中でも最近人気が出てきている手帳型タイプ。
手帳型なので、画面が保護されるのはもちろん、カード入れが付いている便利なものもあります。
しかし、この便利なカード入れが思わぬ問題を引き起こしているらしいです。
あなたのクレジットカード(磁気カード)やICカードも被害を受けているかも…!?

便利な手帳型のスマホケース

スマホの普及とともに、スマホケースも続々と登場し、今や様々なタイプが市販されています。
中でも、特に需要を伸ばしているのが手帳型のスマホケースケースです。
保護力が高く、ケースとしてだけではなく、他の機能がいろいろ付いていることが多いのが特徴です。
確かに、手帳型スマホケースって、スタイリッシュかつ、可愛さもあって良いですよね。
なんだか、丁寧に扱っている感もあって、仕事できそうなイメージ。

手帳型スマートフォンケース

カード入れが付いてるのがめちゃくちゃ便利!
特に、iPhoneはモバイルSuicaに対応していないので、ここにICカードを入れておけば、定期入れ代わりになってくれます。
さらに、収納ポケットが2~3個くらい付いているので、定期以外にも様々なカードを入れて便利に使いこなせます。
クレジットカードを入れているという人も結構多いのではないでしょうか?
スマホだけ持ち歩けば、コンビニとかその辺で買い物ができますからね!

しかし、とんでもない問題が…

「手帳型のスマホケースにキャッシュカードを入れてたら、スマホの磁気でキャッシュカードが死んだ!!!」

スマホケースでカード破壊

クレジットカードの他に、キャッシュカード・ポイントカード・社員証・学生証なんかも注意が必要です。
「会社の社員カードが磁気式で、マグネット付きのスマホケースに入れてる人がめっちゃ社員カードの読み取り不良を起こしてた…」
「手帳型スマホケースに学生証入れてたら、磁気部分が死んだ。」
「手帳ケースにクレジットカードとファミマTカードとヨドバシゴールドポイントカードを入れてたら、見事に最近全部駄目になった」
このように被害の声が上がってきています。

その原因は「磁石」!

マグネット式スマホケース

手帳型スマホケースによる問題は、ケースに使われている磁石がカードの磁気を狂わせることで発生している可能性が高く考えられます。
実際に、市販されている手帳型スマホケースにほぼ使用されているのが磁石です。
もちろん、留め具がマグネット仕様になっていると、閉じる時にとても便利です。
しかし、磁気ストライプのカードは長時間近づけすぎると磁気不良を引き起こす可能性があるのです。

SuicaなどのICカードにも注意が必要

ICカード入れ付きスマホケース

非接触型ICカードは、磁気と関係がないので、磁気による影響は問題ありません。
しかし、スマホの電波がICカードの電波と干渉し、読み取り不良になることがあるようです。
エラーを起こして改札口で止まっただけで、あっという間にその後ろに人がたまってしまいます。
個人的な被害はもちろん、周りの人たちにも迷惑をかける事があるので注意が必要です。

ということで…

磁気カードを磁石付きカバーに入れるのは、やめたほうが良さそうです。
ほとんどのクレジットカードには黒いストライプがあります。
このようなカードを磁気ストライプカードといい、これをスマホケースに入れたら壊れてしまいます。
クレジットカードのような磁気カードは最初から入れないようにするか、スマホケースのマグネットを外すかしたほうが良さそうですね。

でも、手帳型スマホケースが使いたい…

さて、それでも手帳型スマホケースは便利だし…と思う人も多いことでしょう。
そんな場合のためにも、対策を挙げておきます。

磁石を使用していないタイプを選ぶ

マグネットなし手帳型

磁石不使用のマルチ機能型手帳ケース。
磁石を使用していないので、どんなカードでも気にする事なく収納することができます。
写真は磁気の影響を受けないように、マグネットを使っていない差し込みベルトタイプの本革仕様。

磁気干渉防止シートで対策

磁気干渉防止シート

ICカードと一緒に電波干渉シートを入れることで、ICカードとスマホ間の電波の干渉が抑止され、正常にICカードが改札で読み取れる確率が上がります。
また、スマホに不具合が起こりにくくなることも期待できるのでおすすめです!
ICカードの裏面に貼り付ける(すぐはがせます)タイプで、評判も結構良いようです。

ちなみに…

手帳型スマホケースを男性が持つのは、あまり女子ウケは良くないみたいですよ。