朝起きられない原因はコーヒー?体内時計がズレるらしい!

1703111-pocket-watch-in-a-pile-of-coffee-beans

皆さんはコーヒー好きですか?

僕はコーヒーが大好きなので1日に5〜6杯は飲むのですが、夜寝る前には当然ながら飲みません。
理由は眠れなくなるからです。

眠れなくなるというのはなんとなく理解できると思うのですが、実は寝る前のコーヒーはたとめ1杯であっても、体内時計を狂わせて、次の日の朝にも影響を及ぼすらしいのです。

コロラド大学ボルダー校による研究結果


以下Gigazineより引用
http://gigazine.net/news/20150917-caffeine-effect-internal-clock/

コロラド大学ボルダー校のティナ・M・バーク博士らのチームは、5人の被験者に対してそれぞれ、「就寝の3時間前にエスプレッソ2杯分のカフェインが入った錠剤を飲ませる」「寝る前に明るい光を浴びる」「偽薬を飲む」ということを無作為で行いました。「光を浴びる」というのは、睡眠周期が遅れることが知られているためです。

実験は49日間にわたって行われ、その結果、カフェインを飲んだグループは、体内時計が約40分遅れた(後ろにずれた)とのこと。ちなみに、光を浴びた人の体内時計はその倍の80分ずれ、カフェインと光の両方を受けた人は105分のずれが出ました。ヘンリー・フォード病院で睡眠医学を研究するTimothy Roehrs博士は、「いつも11時に寝ている人の場合、就寝時間が真夜中にずれるということです」とこの現象を解説しています。このため、眠りにつくのが遅くなって、余計に朝起きるのが辛くなる……というサイクルに繋がってしまいます。

「カフェインは合法で広く消費されているドラッグですが、このように精神活性の効果もあります」と語ったバーク博士。カフェインに関してはいろいろと研究が進められていますが、体内時計のリズムへの影響などはまだまだ理解されていない部分があるので、研究の進展が期待されます。

僕自身、体内時計ってのがいまいち良くわかっていないのですが…
まぁ就寝時間が遅れれば起きるのがしんどくなるのは分かりますよね。

徹夜する場合とかは眠気を取るためにコーヒーを飲むのは効果的ですが、何もない時なんかはコーヒーを飲むのを控えたほうがよさそうですね。