好きなことを仕事にしたいけど、それってどうなの?

1203085l

あなたがしている仕事は「好きなこと」ですか?

よく本とかコラムとかで「好きなことを仕事にしよう!」みたいな事が書かれていて、ビジネス界やフリーランスのちょっと有名な人とかも口にしていますよね。
今話題のユーチューバーのキャッチフレーズ?みたいのでも「好きなことで、生きていく」って言ってますよね。

実際に好きなことを仕事にしたいと思っている人も多いことでしょう。

僕もそのうちの一人です。
好きなことを仕事にして飯を食っていきたいと思っています。

でも、同じように好きなことを仕事にしたいと考えている人の意見を聞いたりすると、それって本当に正しいのかな?と思う事もあります。

そこで、僕なりの「好きなことを仕事にする」という事についてまとめてみました。

好きじゃなくなる可能性がある

僕は好きなことを仕事にしたいと思っていますが、本当に一番に好きなことは仕事にしない方がいいと思っています。

僕の中の好きなことというのは、あくまでもビジネスとして成り立つような事です。

というのも「好きなこと」つまり趣味を仕事にすると、これまで楽しんでれば良かったものが、利益を考えないといけなくなるんです。

だから、趣味は趣味のままで楽しむべきだと思います。

趣味は利益を発生させるための仕事にしないで、あくまでも趣味や遊びとしてとことん突き詰めたほうが絶対に面白いです。

勘違いしている人も多いとは思いますが、大切なのは「好きなことを仕事にする」というのは「好きなことを好きなようにやってお金を稼ぐ」ことではないということ。

例えば、趣味が料理の場合、仕事にするのであれば「お金を払ってもらう対価としての料理」を提供する必要があります。
そのため、自分が食っていくためには、お客さんがお金を払って満足できるものを提供し続けなければなりません。

そこでちょっとしたギャップが生まれます。
このギャップが料理することを嫌いになる可能性も出てきます。

料理が好きなだけでは仕事にならないんです。

「好き」は「好きのまま」にしておく方が自分にとって良いかもしれません。

仕事を好きになる方が良い

仕事をしてると、嫌なことやストレスが溜まったりしますよね。
それが仕事ってやつなのかもしれません。

でも、だからこそ仕事って面白いのかなって思ったりします。

というのも、あんまり興味のないような仕事だったとしても、毎日奮闘して、ノルマを達成したり利益が増えたりしたなら、面白い、楽しいってことになるから。

実際に成功している経営者とかも、自分が好きなことを仕事にした人より、自分が頑張った仕事を好きになった人の方が多いようです。

後から仕事を好きになってるんですよね。

僕は元々、独学でweb制作に関する勉強をして仕事を始めました。
デザインとか作ることが好きでやり始めたのですが、業務として作るのに嫌気がさしたのは事実です。

好きなんですけど、仕事にしたくないなと感じたんです。

でも、好きになった事もあります。
それは文章を書くこと。

仕事でSEOに携わっていたのですが、コンテンツを作るために文章を作成します。
元々、文章を作るのは大嫌いでしたが、やっているうちに好きになり、今では文章を書くことで食って行きたいと考えるようにもなりました。

制作は今でも遊び感覚でやったりしていますが、仕事とは別の学びを発見する事もあります。

重要なのは、自分の中で「好きなこと」と「仕事」をどう配置するかだと思います。

趣味と仕事は区別する。でも、どちらもとことん追求する事で人生に何かしらの付加価値を与えてくれると思っています。

考え方は人それぞれだとは思いますが、好きなことと仕事は切り離して、好きなままで楽しんだほうが楽しく生きることができるんじゃないのかなと。

偉そうに言ってますが、今僕は無職です。
就職活動をしているところですが、この考えを持ちながら仕事を選んでいきたいと思います。