高校総体の宮崎県予選!鵬翔vs日章学園。ライバル対決を制したのは…

big_whale

サッカー少年にとっての最大の青春、高校サッカー。

高校サッカーといえば、あの冬に行われるサッカー選手権大会と、インターハイこと高校総体の2大全国大会の印象が強いだろう(現在は高円宮杯U-18サッカーリーグってのもある)。

そして今年もその時期がやってきた…そう、高校総体の予選である。

まだ予選の段階ですが、僕の地元である宮崎県では今日予選の決勝が行われたようです。

決勝は、選手権常連校で2012年には全国制覇を成し遂げた鵬翔高校と最大のライバルである日章学園。

果たしてその結果は…

鵬翔が日章学園を下し宮崎制覇!2年連続11回目の総体出場!

6月6日、高校サッカー総体宮崎県予選決勝が開催され、2年ぶり12回目の出場を狙う日章学園と2年連続11回目の出場を狙う鵬翔高校が激突した。

準決勝では、試合終了間際までリードを許し宮崎日大に苦しめられた鵬翔は、後半アディショナルタイムに追いつきなんとかPK戦で勝利を手にした。

そして、迎えた今日。

日章学園との決勝。

前半をスコアレスで折り返すも、後半に先取点を挙げるとそのまま逃げ切り連覇を達成した。

鵬翔は、8月に開幕する平成27年度全国高校総体への出場権を獲得。
宮崎代表として全国の強豪校と熱い戦いを繰り広げる。

▼決勝試合結果
日章学園 0-1 鵬翔

▼準決勝試合結果
日章学園 2-0 宮崎大宮
鵬翔 1-1 (PK:11-10) 宮崎日大

と、まぁこんな感じだ。

ぜひ、鵬翔には全国制覇をしていただきたいですね。

僕も一度この2校の試合を観戦したことがあるんですけど、すごく面白い!

どっちも強いし、どっちも譲らない戦いって感じです。

ってか、昔から思ってたんだけど、優れた選手をどっちかにまとめちゃえばいいのに…。

特に鹿児島なんかそう。

鹿児島実業、城西高校、神村学園…。

3校とも強いし、毎回全国大会に出場するチームが違う…。

これを1つの高校にまとめたら全国制覇も普通にできちゃうんじゃないの??

とか勝手ながら思っています。笑

優れた選手を集めるための予算とかサッカーのために作れば良いのになぁ。