浦和レッズの興梠慎三がJリーグに対して衝撃発言!波紋を呼ぶ!→ファンからの非難殺到!

reds 2013

J1リーグが前後期に分かれる2ステージ制が導入されましたが、早いものでもう1stステージは残り3節。

そんな中、浦和レッズのこの男がやってくれましたよ。

そう、僕と同じく宮崎出身のFW興梠慎三!!!

興梠慎三は先日7日に行われた試合で得点を決め、チームは勝利し、優勝に王手をかけました!

今一番の盛り上がりです!

しかし、この日の試合後のインタビューで興梠慎三選手が問題の発言をしてしまったのです…

浦和レッズの興梠が遂に言った!新体制へ“衝撃発言”が波紋を呼んでいる

6月7日に埼玉スタジアムでおこなわれた対清水エスパルス戦。

1-0で勝利し、浦和レッズが1stステージ優勝に王手をかけました。

優勝目前の浦和レッズですが、決勝ゴールを決めた興梠選手が試合後のヒーローインタビューにて『年間優勝を取りたいので、ファーストとか、どうでもいいです』と発言。

これに対してファンは…

『みんなが思ってることをよく言った!』
『あ~ついに言っちゃったよ(笑)』
『上昇志向強めと見せ掛け協会批判?』

と賛成の声。

今回の興梠の発言は、サッカー協会に対してファンの声を代弁したような内容である。

しかし、反対にそうでもないファンもいるという。

『選手がどうでもいいとか言っちゃったら、見ているファンの気持ちはどうなるの?』
『優勝ムードだったのに一気に冷めた』
『優勝してもお祝いされたくないってことでいいのかな?』

と非難の声もあるようだ。

ファンの声を代弁し、協会に意見を言うという行動は正しいのかもしれないが、もう少し時と場所を考えて選ぶべきだっただろう。

いや、個人的な僕の感想だと、興梠選手の発言は本当に正しいと思う。

分けた意味がわかんない。

そもそもさ、なんで急に2ステージ制を導入したのさ…

所詮、新規ファンの獲得だろうよ…

なんか僕もあんまり理解していなかったんで、ちょっとこれについて調べてみたんですよ。

そしたら、どうやら最終的に1st優勝、2st優勝、年間勝ち点1位、年間勝ち点2位、年間勝ち点3位の、5チームが残ってトーナメントで年間優勝が決まるらしい。

いやいやいや!!!!

1stも2stも優勝していないチームが総合優勝する可能性もあるって事なんです!

普通に考えてありえないですよね…。

ちなみに、これが決まった時は、殆どのチームのサポーターは反対する運動を起こしたんだとか。

でもこれに対してサッカー協会は完全に無視して、強行突破。

んで、何事もなかったかのように新たにシーズンを迎えたらしい…。

今いるファンを大切にしないのに新しいファンなんてつくかよ!!!

以上、日本サッカー協会のもくろみ批判でした。

あ、ついでにだけど、興梠慎三選手は今ではそこまで人気がない?けど、鵬翔高校時代は宮崎でキャーキャー言われていたいたんだぞ!

イケメン枠だったんだぞ!!

その当時の動画を載せておくんでよかったらどうぞ。

カワイイ顔してんじゃねぇか。