アウディが電気自動車のスポーツSUVを発表!航続距離は500km超え!

001l

ドイツのアウディAGが現在開催しているフランクフルトモーターショーにて、電気自動車のコンセプトカー「e-tron quattro concept」を世界初公開しました。

最大370kWのパワフルなドライブシステムを搭載する電気自動車で、SUVのスタイルでありながら、空気抵抗係数(Cd値)0.25を達成している。

「e-tron quattro concept」は3つの電気モーターを搭載しており、1つのモーターが前輪を駆動、残り2つのモーターが後輪を駆動する仕組みになっています。

パワーの合計は320kWで、短時間であればパワーブーストにより370kWの出力と800Nmを超えるトルクを発揮する事ができるんだとか。

しかも、0〜100km/h加速は4.6秒と本格スポーツカー並み!
最高速度の210km/hに短時間で達するそうです。

驚きですよね!

搭載するバッテリーは95kWhの容量があり、航続距離は500km。
さらに、150kWの急速充電を使うことで、満充電までは50分という設定になっています。

また、アウディワイヤレスチャージングテクノロジーにより、非接触充電も可能となっており、搭載される自動パーキングシステムによって、充電用プレート上の最適な位置に車が自動的に移動するようになっています。

ボディサイズは、全長4.88m、全幅1.93m、全高1.54mで、アウディが伝統的に得意としている空力性能については、Cd値0.25としています。

この電気自動車のスポーツSUVは2018年初頭に市場導入する予定だそうです。
走行性能、航続距離、充電など、全てにおいて満足できる電気自動車のコンセプトカーになりそうですね。

実際の販売までワクワクしますね!