お金

ブロックチェーンって?仮想通貨でよく耳にするアレを分かりやすく簡単に解説します!

どうも!せいすこうです!
2017年は、ビットコインが1BTC=200万円を超えてめちゃくちゃ話題になりましたね!
そんなビットコインと一緒に「ブロックチェーン」という言葉も耳にする機会も増えました。

ビットコインは仮想通貨の一種ですが、果たして「ブロックチェーン」とは何なのでしょうか?
簡単にまとめてみたので、一緒に見ていきましょう!

ブロックチェーンとは?


さっそく、ブロックチェーンについての答え。
ブロックチェーンは、仮想通貨の走りでもあるビットコインが誕生してから現在まで、すべての取引き履歴を記録しているいわゆる「台帳」みたいなものです。
取引き履歴を「トランザクション」、また一定期間のトランザクションをまとめたものを「ブロック」といいます。
この「ブロック」が1本のチェーンで繋がれているように見えることから「ブロックチェーン」と呼ばれています。

せいすこう
せいすこう
このブロックチェーンは、ビットコインだけでなく、あらゆる仮想通貨を「通貨」として機能させることに欠かせない技術ということです!

仮想通貨とブロックチェーンはイコールではない!

さて、上で述べたとおり、ブロックチェーンはビットコインを通貨として機能させるための技術ですが、「仮想通貨=ブロックチェーン」ではありません!
あと、僕みたいに仮想通貨とブロックチェーンが別のものという事を知っている人の中には…

せいすこう
せいすこう
「ブロックチェーン」から「ビットコイン」が誕生したんじゃないの?

と勘違いしている人も少なくはありません!
僕も知人からこんな説明を受けたので、そのまま信じていました!笑
しかしそれは間違っていて、「ビットコイン」から「ブロックチェーン」が生まれたのです!

せいすこう
せいすこう
つまり、「ブロックチェーン」とは、ビットコインを通貨として機能させる基幹技術ということです!

どうしてブロックチェーンが注目されてるの?

さて、ここでふと疑問。

せいすこう
せいすこう
なぜ、ブロックチェーンに注目が集まるの?

ビットコインを通貨として機能させる役目があるってことはわかったけど、ニュースを見るとやたら「ブロックチェーン」って言葉が飛び交っています。
この理由としては、「国家や中央銀行という枠組みにとらわれない、全く新しい通貨を支える技術」だからです。
ブロックチェーンに支えられた仮想通貨が、通貨としての価値を持つかどうかは、このブロックチェーンによる所がとても大きいのです!
また、ブロックチェーンは仮想通貨だけの技術ではなく、既に他の分野においても活用する研究が行われていて、ブロックチェーンを利用した他のシステムも運用されているんだとか!

せいすこう
せいすこう
僕たちの生活を大きく変える可能性を秘めた技術っていうことが、ブロックチェーンが注目を集める理由ということですね。

ブロックチェーンの仕組み

では実際にブロックチェーンがどのような仕組みになっているのか詳しく説明したいと思います!

ブロックチェーンの仕組みをざっくりと説明すると…
「AさんからBさんに1BTC(ビットコイン)を送金」
「CさんからAさんに5BTC(ビットコイン)を送金」
といった、トランザクションをブロックにして、それをチェーンでつないで集めたものが「ブロックチェーン」になります。

そして、このブロックチェーンを参加者で共有します。
なぜ参加者全員に共有されるのかというと、以下のようなメリットがあるからです!

  • 参加者同士による「分散管理」ができ、誰かのコンピュータに障害が発生しても他の参加者たちのコンピュータによって運営が続けられる
  • ブロックチェーンネットワーク上の利用者間の取引において、第三者機関を介することなく、参加者が相互に承認することによって取引を確定させる
  • 参加者一人ひとりが取引き履歴を確認できる
  • 参加者が共有することで、悪意のある人物にデータの改ざんなどをされる危険性が出てくる恐れがあるが、他の参加者たちによる多重チェックで、不正を防止する仕組みができている
  • 参加者全員による分散管理のため、銀行などの特定の機関に管理されることがないため、権力が1カ所に集中することがない
    せいすこう
    せいすこう
    つまり、ブロックチェーンは参加者同士による分散管理と相互監視によってセキュリティが強固になるというのがポイントという事ですね!

    様々な分野で活躍するブロックチェーン

    さて、ブロックチェーンの技術は既に他の分野でも活用されていると上記で述べましたが、具体的な例を紹介したいと思います。

    ▼ブロックチェーンの活用例
    2016年にスタートした地方創生を支援するプロジェクト「IoVB」。
    農業分野の生産管理でブロックチェーンが活用されています。
    有機農法の取り組みをリードしてきた宮崎県東諸県郡綾町と株式会社電通国際情報サービスとシビラ株式会社がはじめたこの「IoVB」プロジェクト。ここではブロックチェーンを活用して有機農産品の安全をアピールする仕組みが構築されました。
    綾町の各農家は、植え付けや農薬の使用、農産物の品質チェックの結果などを綾町の認証のもとに実施し、すべての履歴を管理しています。
    これを経て出荷される農産品に綾町の認定マークとともに固有のIDを付けてブロックチェーン上に記録しているのです。
    ブロックチェーンは、履歴の改ざんが困難なので、データの信頼性が高くなります。
    一般の消費者はこのIDを検索すれば、農産品が綾町産で作られていて、厳しい認定基準を通過していることを確認できるということです。
    せいすこう
    せいすこう
    僕の地元でもある宮崎県で早くも導入されているとは…。
    ブロックチェーンの技術は、金融に関わらず、多くの分野で利用される技術なんですね!

    ブロックチェーンの今後の行方を見逃すな!

    ブロックチェーンは金融分野だけではなく、農業分野や小売業分野でも活用されはじめている事がわかりましたね。
    今回は日本での活用例を挙げさせてもらいましたが、他にもヨーロッパではエネルギー分野や医療分野なんかでも研究が行われていて、単に金融を支える技術ではなくなっています。
    日本においても、もっと他の分野で使われるようになる日もそう遠くはないかと思います。

    せいすこう
    せいすこう
    僕たちの生活をより豊かにするのはもちろん、ビジネスチャンスも眠っているに違いないっすね!

    多くの可能性を秘めたブロックチェーン。目が離せませんね!

    おすすめ仮想通貨取引所

    せいすこう
    せいすこう
    僕のオススメする仮想通貨取引所です!
    国内企業なので、安心・安全です!

    ビットフライヤー

    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    コインチェック

    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin