ガジェット

フォートナイト(スマホ版)の銃の精度の上げ方。テクニックやコツまとめ

こんにちは、せいすこうです。
フォートナイトの武器の取扱い、ちゃんとできていますか?

フォートナイトはキル数を増やすのではなく、ビクロを取るためのゲーム。
そのため戦わずして生き残りビクロを獲得するというのも不可能ではありません!

僕も戦わずにビクロを取った事が何回かあります!
でも、可能性としては低いので、ビクロを取るために戦いは必須といっても過言ではありません。

フォートナイトの場合は、武器以外にも建築という術がありますが、いざ戦いになると武器がまともに扱えなければあっけなくやられてしまいます。
そこで今回は、フォートナイト(スマホ版)の銃の精度の上げ方についてテクニックやコツをまとめました!

初弾の命中補正を活かす

さて、まずは銃の特性を理解し、銃の取扱いに慣れるのが一番です。
特に、一定の武器に関して、一定の条件においては初弾に命中補正がかかる特性があります。
この場合、静止状態であれば1発目の命中率が100%になるんです!

あっ、もちろん、命中率100%というのは、照準の真ん中に性格に飛ぶという意味です!
決して、適当に撃って命中するって訳じゃないので、ご注意を。

初弾補正のある武器

アサルトライフル
バーストアサルトライフル
ハンドキャノン
ピストル
サイレンサー付きピストル
リボルバー

ちなみに、以下の動作は「静止状態」と判定されません!

移動
射撃
狙い撃ち状態

ただ、初弾の命中率は100%ですが、ダメージ量は距離によって減少します。
静止状態で撃った後の動作が非常に重要になることを肝に銘じておきましょう!

特にハンドキャノンは、射撃時間がかかる武器ではありますが、初弾補正の恩恵を受けやすいです。
1発のダメージ量も大きいので、ヘッドショットは相手に大ダメージを与える事ができます。

逆に相手が静止状態の場合は…

静止状態の初弾補正は1発目がより確実に当たり、武器によっては大きなダメージを与える事ができます。
そのため、相手にバレていない状態であれば、正確にヘッドショットを狙うことができます!
さらに、上で述べましたがハンドキャノンであれば、相手に大ダメージを与える事ができます。

でも逆に静止状態はこちら側もヘッドショットを狙われやすいってこと。
くれぐれも周りには注意しましょう!

必殺!しゃがみ撃ち!!!

身を潜めたりする時にしゃがむ事ってあると思うんですが、射撃のときも有効的って知っていましたか?
実はフォートナイトでしゃがみ撃ちはかなり有効な撃ち方で、照準レティクルが縮って体感的に当てやすくなるのはもちろん、数値としての命中精度も上がります!

さすがに近距離戦でしゃがむのは危険ですが、中~遠距離での戦闘ならしゃがみ撃ちを積極的に使うようにしましょう!

しゃがみ撃ちの注意点!

しゃがみ撃ちを一度やるときっと効果を体感する事ができると思います。
僕もしゃがみ撃ちを最初にやった時は多用してました!最初の1~2回は…。

なぜ最初の1~2回だけだったのかというと、しゃがみ撃ちをずっとやるということは、その場にとどまることになります。
そう、相手にとっては格好の的になるんです!!!

そのため、初弾~2.3発はしゃがみ撃ちで、相手から攻撃され始めたら、一度立って移動し、相手の照準をずらして再びしゃがみ撃ちをするなど、撃ち合いの中でテンポを変えるようにするのがベストだと思います!

せいすこう
せいすこう
さぁ、銃の特性を覚えて今日もドン勝だ!