LifeHack

【ブログ初心者】上手い文章を書くための3つのコツ

こんにちは、せいすこうです。
ブログ歴で言うと、TEGELOG(本サイト)だけでも3年、その前も合わせると5年くらいやっているのですが、未だに文章を作成するのが苦手です。

僕と同じように「上手い文章をかけるようになりたい…」っていう人って結構いると思います。

そこで今回は、僕もまだまだですが、上手い文章を書くコツを自分なりにまとめたので、参考までにどうぞ。

上手い文章を書く3つのポイント

さて、早速ですが皆さんはブログを書く時、どんなことを意識しているでしょうか?
僕はシンプルに3つの事を意識すれば良いと考えています。

たった3つです。たくさんのことを意識しなくても大丈夫!

上手い文章を書く3つのコツ
  1. 読みやすさ
  2. 分かりやすさ
  3. 面白さ

この3つのポイントを押さえていれば、あとは量でどうにかなります。
この3つを意識して記事を量産すれば自然にうまく書けるようになります。

記事の読みやすさ

記事の読みやすさは、ブログ以外のどんな文章にも大切なことです。
レポートや感想文、反省文も…。

読み手は、文学者とかじゃないので、難しく書いても、読みにくいと感じられたら途中で読むのをやめてしまいます。
せっかく時間をかけて書いたとしても、その努力は水の泡となってしまいます。

記事の分かりやすさ

記事の分かりやすさも大事です。

理解できない文章に意味はない!

理解できるからこそ、意味があるんですよね。

だって、好きな子に恋文を書くとするじゃないですか?その時「好き」ということが伝わってないと、それって恋文じゃないですよね?
※あ、恋文ってラブレターですよ。って分かるか。

つまり、みんなが理解できるような文章を書こうねって事です。
これは別に何も難しいことではなく、恋文を書く時は「好き」と書く。そんな感じです。

結局はこれが一番分かりやすいんですよね。
文章が分かりやすいと、相手も理解してくれるし、返事もできる。そんな文章を心がけよう!

記事の面白さ

記事の面白さも重要です!
これは読者にわくわくさせるという事です。

「この人の書いた記事をもっと読みたい!」
「この人についてもっと知りたい!」

読み手にそう思わせるには面白さが必要不可欠なんですよね。
ドラマとか漫画って、いつも一番面白いところで終わります。

「くっそー!こんな面白いところで終わりやがって!」
「気になって眠れない…続きが見たい…」

読み手がこう感じることでまた読んでもらえるんですよね。
面白いし、もっと他の記事を読んでみよう!と、わくわくさせたら書き手の勝ちです。

まとめ

いかがでしたか?

以上が上手い文章を書くためのコツです。
テクニカルな内容ではありませんが、この3つのポイントを意識するだけで、魅力的な文章が書けるようになると思います。

あとは量をこなすのみ!
量をこなせば必ず何かが見えてくる…はず!