SEO

記事をライターに外注する時の注意点とは?

昨今のSEO対策において、コンテンツは非常に重要な要素。
とはいえ、コンテンツの更新を自社や個人で行なうのは一苦労ですよね…。

良質なコンテンツを意識した場合なおさらです。

最近ではランサーズやクラウドワークスといった、クラウドソーシングサービスが利用できるようになり、記事の外注化を考える人も結構いるのではないでしょうか?

ただ、発注側と受注側の意思疎通ができていなかったり、納品される記事の質が悪かったり、揉めてしまったり…なんて話もよく耳にします。

記事の外注化で失敗しないためにも今回は、コンテンツを外部ライターに発注する際の注意点について紹介したいと思います。

外部に記事を発注するメリット・デメリット

さて、まずは外部ライターに記事を発注する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

コンテンツ外注化のメリット

時間や労力を軽減できる

記事作成には時間もかかりますし、ライティングスキルも必要です。

外部のライターに依頼することで、時間や労力を軽減できるという点は非常に大きなメリットといえるでしょう。
記事作成を社外に担ってもらう事で、他の業務に集中することもできます。

発注開始時はライターとの意思疎通などで連携が必要になってくるので、多少のディレクション工数は必要となりますが、それよりも時間のかかる執筆業務を、外注できたら運用の効率は上がるでしょう。

たくさんの記事をオーダーできる

社内だけ、もしくは個人だけでコンテンツ作成を行なう場合、執筆可能な本数は限られます。
1日にたくさんの記事を量産するとなれば、質の低下も否めません。

外部ライターに依頼する場合は多くの人を募集することで、たくさんの記事を発注する事も可能となります。

コンテンツ外注化のデメリット

外注費用が発生する

当然のことではありますが、記事を書いてもらうからにはそれなりの対価を支払わなければなりません。

ライターによって記事数に対しての金額設定、月額の金額設定、文字数に対しての金額設定など契約形態は異なりますが、

発注側と受注側の相互理解ができていて、納得のいく理想のコンテンツが納品されれば、人件費としては決してマイナスではないかと思います。

ただ、記事の校正や修正などが発生する場合、こちらの工数も発生してしまう可能性があります。

できるだけ、やり直しなどのエラーが出ないよう、発注の際は依頼の仕方に注意が必要でしょう。

コミュニケーションが発生する

目の前にライターさんがいるわけではないので、コミュニケーションを取るのが難しくなります。

対面して話をするわけではなく、メールや電話でのやり取りになるので、ニュアンスも伝わりません。

しっかりとサイトの特性や狙いなど伝え、外部のライターに理解してもらうよう努力することが最も重要といっても過言ではありません。

最低でも、サイトのコンセプトやターゲット、目的などは伝える必要があります。

そして、時間をかけ、信頼関係を築きながら理解をしてもらうことが大切です。

記事外注のポイント

記事外注のポイント

発注内容を明確化させる

さて、どんなにライティング能力の高いライターであっても依頼の仕方によっては、記事内容の方向性や質は大きく変わってきます。
記事を外注する際のポイントについて以下にまとめました。

納期

どれくらいの基準の物をいつまでに納品するべきか明確に。

本数

記事が何本必要なのか明確に。
※私は1本の文字数が多いことを理由に2本として納品された事があります…。

文字数

2000文字のコンテンツを求めている場合は、文字数の指定を「2000文字以上」ときちんと明記する。
また、掲載ページに文字数の制限がある場合は「2000文字以上、2100文字未満」など、明確に記載する。

目的

記事を何に使用するのか、どこに掲載するのか、目的や読者層など共有する。
執筆する上でイメージしやすくなるので、できる限りの情報を開示することが大事。

記事のイメージを共有する

掲載先のサイトのテイストを伝え、きちんと理解してもらうことで求める(求められる)イメージに近づける事ができます。
文章の特性や書き手のクセなどもあるかと思いますし、執筆する側も迷いがなくなり、書きやすくなります。

ですます調などの文体

サイトや書き手によって文体は変わってくる。
分かりやすい点で言うと「ですます」調「だ・である」調。
すでにサイトに掲載されている他の文章と統一させるためにも、例文を提出したり、サイトを開示するなどして文体にあった文章を書いてもらう。

画像の有無

記事内に必要なイメージ画像や説明画像が欲しい場合は、その旨を明確に伝える。
文体と同様、特徴やイメージに近い画像のサンプルやサイトを開示すると伝わりやすくなる。

記事外注の注意点:契約内容や報酬の確認

記事外注の注意点
記事の外注化で最も注意が必要な点は契約と報酬です。

どんな場合でもお金が絡む話の場合、事前に契約内容やルールを明確にしておかなければ、後から「話が違う」ともめる原因にもなってしまいます。

契約の段階で以下の項目を確認しておきましょう!

報酬形態はどうなってる?

ライターへの報酬形態は人によって異なります。
文字単位なのか記事単位なのか、金額はいくらなのか、報酬形態しきちんと決めましょう。

支払いの規約は?

報酬の支払いでは以下の問題が発生する可能性があります。事前に明確にしておきましょう。

  • 支払い期日…いつまでに支払うか
  • 手数料…振込手数料はどちら負担か
  • 消費税…依頼金額に含まれているのか否か

納品後の所有権はどうなる?

記事執筆後、納品してもらうわけですが、文章の著作権(所有権)はどちらに帰属するのでしょうか?
ほとんどの場合は、報酬金額に権利も含まれており、発注者が買い取っている形かと思いますが、曖昧な状態だともめる原因にもなりかねないので、依頼事に明確にしておく必要があるでしょう。

まとめ

さて、ここまでを踏まえて、外注依頼する際の参考例を記載したい所ですが、一応利益に直結するノウハウにもなりますので、公開はできません。
この点に関しては本当に申し訳ないです…。

「記事 外注 マニュアル」とかで検索していただければ開示している方もいるみたいなので、そちらを参考にしていただければと思います。

コンテンツの外注化は上手く行けばめちゃくちゃ武器になると思うので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

おまけ:おすすめのクラウドソーシングサービス

さて、最後になりますが、記事の外注ができるクラウドソーシングサービスをご紹介したいと思います。
今回はサービスの中でも特に有名で実績のある2つのサービスをピックアップさせていただきました。

LANCERS(ランサーズ)

ランサーズ

ランサーズは言わずと知れた有名企業。
クラウドソーシングサービスとしては一般的になる前から取り組んでいた老舗です。
ライティングだけではなく、デザインやホームページ制作、システム開発、アプリ開発など取り扱っている要件は多岐にわたります。

特に、記事執筆に関しては力をいれており、ランサーズの専属ディレクターがついてくれて発注や進行、納品などまるっと依頼できる業務委託プランも用意されています。

運営会社:ランサーズ株式会社
依頼件数:210万件
依頼総額:2,100億円

CROWD WORKS(クラウドワークス)

クラウドワークス

クラウドワークスはクラウドソーシング市場においてランサーズと肩を並べる二大巨頭。
ランサーズより後発ですが、会員数は順調に増え、2014年11月にはマザーズ市場に上場承認を受けるまで成長しています。

ランサーズと同様、ライティングだけでなく、デザインやホームページ制作、システム開発、アプリ開発など200種類以上の要件を取り扱っています。

運営会社:株式会社クラウドワークス
ユーザー数:約272万人
依頼件数:約251万件