LifeHack

飲酒運転の同乗者に罰則や罰金はあるの?

こんにちは、せいすこうです。
最近では元モーニング娘。の吉澤ひとみさんの飲酒運転によるひき逃げ事故が話題になりましたが、飲酒運転による交通事故は未だ年間数千件にも及ぶんだとか。

もちろん飲酒運転は法律で禁止されているので、絶対にやってはいけません。ですが、その同乗者や飲酒に関わった方にも罪が科せられるという事をご存知でしょうか?

そこで今回は飲酒運転に同乗した方がどのような罰則や罰金となるのかまとめました。

飲酒運転の刑罰・罰金

さて、まずは飲酒運転をするとどのような罰則が科せられるのかをみていきましょう。

一般的に飲酒運転と呼ばれるものには大きく分けて「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2つに分類されます。

この2つは罰則や罰金等の判断基準も異なります。

以下に、酒酔いと酒気帯び、それぞれの罰則についてまとめました。

飲酒運転による罰則

基準値 違反点数 罰則
酒気帯び運転 呼気中アルコール濃度0.25mg未満 13点 3年以下の懲役or50万円以下の罰金
酒気帯び運転 呼気中アルコール濃度0.25mg以上 25点 3年以下の懲役or50万円以下の罰金
酒酔い運転 警察による独自の判断 35点 5年以下の懲役or100万円以下の罰金

見て分かるように、飲酒運転は非常に重い罰則が科せられます。
では、その飲酒運転となる車に同乗していた場合はどの様な罰則が科せられる事になるのか、次の項で見ていきましょう。

飲酒運転の同乗者の罰則

飲酒運転の同乗者の罰則といっても、そもそも運転してるわけじゃないし…罪に問われるのでしょうか?

道路交通法第六十五条三項及び四項でこれに関する記述がありました。

道路交通法第六十五条第三項

何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。

道路交通法第六十五条第四項

何人も、車両(~一部省略~)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第一項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。

簡単に説明すると…

1.運転する予定の人にお酒を提供及び勧めるのはNG
2.お酒を飲んでいる人に送迎をお願するのはNG
3.飲酒者が運転する車両に同乗するのはNG

というわけです。

ちなみに、同乗者やお酒の提供者に対する罰則は、運転者の呼気中アルコール濃度により左右されることになります。

飲酒運転に同乗した際の罰則

行政処分 罰則
運転者が酒気帯び運転 免許停止処分(90日間) 2年以下の懲役or30万円以下の罰金
運転者が酒酔い運転 免許取り消し(2年) 3年以下の懲役or50万円以下の罰金

飲酒運転者よりは軽いですが、同じように重い罪に問われる事というわけですね。

自分は運転しないからといって、運転者にお酒を勧めたり、アルコールを摂取している事をわかった上で同乗するような行為は絶対にやめましょうね!

同乗しない場合も罪に問われる!?

さて、ここまでの説明でもうすでにお気づきかと思いますが、飲酒運転に関する法令は厳しく、運転者や同乗者はもちろん乗車していなくても罪に問われることがあるので要注意です。

道路交通法第六十五条第ニ項では…

道路交通法第六十五条第ニ項

何人も、酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転する事となるおそれがあるものに対し、車両を提供してはならない。

つまり、お酒を飲んでいる人に車を貸したり、飲酒運転をするおそれがある人に車を貸すと同罪になるということです。

この場合の罰則も運転者と同じように非常に重い内容となってます。

飲酒運転に車両提供した際の罰則

行政処分 罰則
運転者が酒気帯び運転 免許停止処分(90日間) 3年以下の懲役or50万円以下の罰金
運転者が酒酔い運転 免許取り消し(2年) 5年以下の懲役or100万円以下の罰金

行政処分以外は運転者と同様の罰則が科せられます。

同乗者や車両提供者が免許証を持っていない場合においても、行政処分が科されないだけで、罰則は科せられるという訳です。

せいすこう
せいすこう
免許を持っていなくて、このような事に関心がないと最悪の事態になってしまうという…。怖いお話ですね。

たとえ免許がなくても飲酒運転車両に同乗するのは絶対にやめましょうねー!