SEO

SEOを始めるのに適したタイミングとは?

「検索エンジンから集客したい」
と考えている企業の方からの相談が一番多いのですが、古いシステムでサイト運用している場合は、サイト構造だったり、ブログ更新といったサイト内部のSEO対策を適切に行うことが難しいケースもあります。

SEOに力を入れたいと考えている方は結構いらっしゃいますが、そもそもWebサイトのシステムがきちんとできていなければ対策が困難になる可能性もあります。

SEO対策を実施するのに適したタイミング

長年運用しているようなページ数が膨大なサイトの場合は、リニューアルのタイミングがSEOを実施するのに最適なタイミングかもしれません!

というのも、長年運用しているようなサイトだとシステムに制限があったり、技術的な問題がでてきたりします。
そうなると、無理に解決しようとするよりは新しいシステムに置き換えたほうが費用的にも工数的にも合理的なのです。

また、SEOにはサイト構造の対策以外にもブログやコラムといった方法でユーザーのための記事を作るといった運用面での対策も考えられます。
規模の小さいサイトや新規のサイトが大規模なサイトと構造面で競っても到底勝てるわけもありません。そこでブログ等を活用したSEOが取り組みやすいといえます。

今では一般的なWebサイトでも使用されるWordPressなどのCMSを使ったサイトが最適かと思います。

SEOを始めるのに適したタイミングとして僕は以下を推奨しています。

SEOを始めるタイミングは…
  • サイトのリニューアルや新規開設時にSEOに取り組む
  • SEOに取り組む事をきっかけにサイトをリニューアルする

もしくは、ゴリゴリの被リンクで外部対策を行なうか。笑
さすがにペナルティのリスクもあるので、しっかりとSEO対策する場合は、上記2つをおすすめします!

ちなみに…どれくらいの期間で効果が出るか

さて、SEOは広告とは異なり、あまり即効性がありません。
コツコツと地道な取り組みです。

「爆発的に集客が増える」といった魔法のような効果は期待できませんが、正しく対策することで、訪問者を増やしていくことができます。

ただし、以下のような状況では、成果がでるまでの期間が長くなりがちです。

サイトのテーマが専門的だと認識されていない

このサイトは雑記ブログのような感じですが、Googleはサイトの専門性や過去の取り組みなども考慮して、順位を決めています。

そのため、サイトのテーマやジャンルを絞って、質の高いコンテンツを増やしていく必要があります。

ライバルが多く専門性が高い分野

専門性が高い分野やいわゆるレッドオーシャンと言われるような業界では、検索エンジンにおいてもたくさんのライバルがひしめき合っています。

複数のライバルサイトがある場合は、長期的な取り組みになる事が想定されます。

競争が激しいクエリの場合は、ライバルサイトが扱っていないようなニッチなキーワードやトピックでコンテンツを作成していくのが懸命でしょう。

放置ぎみのサイト

サイトをしばらく放置していた場合、検索エンジンから見れば「それほど巡回する必要がない」と判断されてしまいます。

クローラーが頻繁に回ってくるようにサイトを定期的に更新する必要があります。

過去にスパム判定を受けたサイト

Googleが定めるガイドラインに則ったサイトでなければ、ペナルティやスパム判定を受けてしまいます。

Google Search Consoleを参照し、ペナルティの確認を行ない、もし現在手動による対策を受けている場合は、解除することは必須です。

Googleのガイドラインを確認し、過去の一切のスパム行為を排除しておきましょう。