ニュース

YouTubeが悪意ある低評価クリックへの対策を検討

YouTubeにおいて、動画を視聴せずに低評価を押すような組織的な行為が行われているようです。
その対策として、評価ボタンの仕様が変更される可能性があることをYouTubeのクリエイターチームが報告しました。

これはYouTubeのクリエイターチームが運営する「Creator Insider」の動画「YouTube News Flash!」。この動画において低評価ボタンに仕様変更の可能性があると言及しました。

仕様変更について動画で説明しているTom Leungさんは3つの可能性があると述べています。

1つは「高評価・低評価の数値を表示しないこと」
2つ目は「低評価を押したユーザーに対して理由を聞くというもの」
3つ目は「YouTubeから低評価ボタンを一切なくしてしまうというもの」

せいすこう
せいすこう
真っ当に使用している人もいると思うので、残念です

過剰な低評価が付いた動画はYouTubeで推奨されづらい可能性があるそうです。その場合、クリエイターのチャンネルに悪影響を及ぼします。

対策はこれまでも行なってきたようですが、完全な解決には至っておらず、今後の対応が議論されている最中とのことです。